2ntブログ

<えっ?!誰の子?>

「10人の父親のうち1人は他人の子どもを知らずに育てている」
というデータがあるそうです。「そんなわけないだろう」と思ったんですが、過去の複数のDNA検査の結果を総覧してみると確かにそうなっているとの事です。幸いにしてそのなかに日本の研究が含まれてないのが救いですが、割合は別としても「日本だけ特別」なんてことはおそらくないでしょう。日本も20人〜30人に一人くらいは別の男性の子供を自分の子と思いながら育てているのでしょうか?その女性は「この子はこの人の子ではない」と分かっているのでしょうか?
一時期芸能人でこんな話題がありましたが、もしも自分がそうであったら一生知らないまま育て続けたいですね。
「男と女では性愛の戦略が大きく異なる」ということです。男性は「競争する性」として、社会階層(ヒエラルキー)の上位ほどより多くの(魅力的な)性愛を獲得できるそうです。チンパンジーやニホンザルなどと同じで、ライバルを蹴落として階層をひたすら上っていく「単純」な戦略です。それに対して、女性は子どもを産み育てるコストがきわめて大きいので、誰の子どもを産み、誰と一緒に育てるかを慎重に考えなければならないので、女性は「選択する性」として、身体的にも心理的にも「複雑」な戦略に習熟するよう進化してきたと言えるそうです。
良く男性は「遊ぶ女はセクシーな女がいいけど、結婚する女は家庭的な女!」とか勝手な事を言ってますが、じつはそれを考えているのは男性よりも女性の方がはるかに強いと言う事ですね。

やはり男にとって女性は永遠に不可思議で理解するのがとても難しい存在なんですね。
だからこそ魅力的なのかも知れませんけど・・・

<雪が降ると自己中の連鎖>

この冬初めての雪が降り10センチ程度積もりました。
東京は滅多に雪が降らないため、雪が降った時の常識を知らない人がたくさんいます。
ニュースでも雪で滑って転んで怪我した人の事や、事故や交通麻痺の様子をやたらに取り上げるので、みんなビビりになってしまいます。
今回も交通量の多い道路はほとんど雪はなく、細い道に入った所に多少ある程度なのに、チェーンをつけている車を何台も見ました。しかもチェーンをつけ慣れてないせいか、ゆるゆるにつけているためにボディに当たってガラガラいいながら走っていたり、そんな状況なので15キロくらいしか出せずに渋滞を引き起こし他の車に迷惑をかけていたり、雪の多い地域の人から見たら笑われるような事がそこらじゅうで起きてしまいます。
自分の家の前を雪かきするのはいいのですが、すでに夕方になっているにも関わらずその雪を車道に撒いてる人を何人も見かけました。
夕方以降に雪を車道に撒くと、その雪が残ってしまった場合凍結してしまい、夜中や朝方にそこを通った車がスリップして危険なので、雪を車道に撒くのは日中にやらないといけないのは雪が良く降る地方では常識ですが、あたかもいい事でもしているかの顔をしながら雪掻きをしてる人がたくさんいました。万が一それが原因で死亡事故でも起きてしまったら、その人が殺人罪とかに問われる事はないでしょうが、一生後悔する事になるでしょう。
私は以前から自己中の人が嫌いと書いてきましたが、雪が降るとそれこそ自己中だらけになりますね。寒いから外に出るのは面倒だからウーバーイーツのような宅配を頼む。オーダーが入った宅配の人は雪で自転車は危険なのにも関わらずお金を稼ぐためにオーダーを受けて自転車で配送する。しかし歩道や自転車専用道路は雪でガタガタしたり凍っていたりで危ないので車道を走る。自己中の連鎖です。
今回は大した事ではない雪だったので今日辺りには雪の影響もなくなるとは思いますが、これがもっと酷い雪だと道路に車のタイヤの跡の轍が出来ます。この轍は深くなって凍結したりすると歩きづらくなったり、それこそ車高の低い車はフロントスポイラーがぶつかって壊してしまったりするので、本当は轍が凍る前に壊しながら走る事が大切なんですが、怖いからとほとんどの車は轍に沿って走行します。特にトラックや4WDの車のように車高が高い車は率先して轍を崩しながら走って上げるのが早く雪が溶けたり歩きやすくなったり他の車が走りやすくなるのにはとても大切なんですが、そんな事をやっている車を見た事がありません。
マスコミの皆様、面白おかしいニュースを作るのではなく、まずはこうした雪の常識を伝える事が大切なんではないですか?それもある意味視聴率を稼げればなんでもいいと言うマスコミの自己中なんですよね。

<コロナ発生から2年>

コロナと言う得体の知らない外敵が現れてもうすぐ2年になります。まさかこんな世の中が来るとは誰も想像もしませんでした。果たして人類はこのままコロナに打ち勝つ事は出来るのでしょうか?
このコロナがどこからどの様に発生したのか?正確には未だに分かっておりませんが、例え打ち勝ったとしても、世界がこれまでと同じ考えで生活を再開すれば、またいつの日かコロナよりも強力な外敵に襲われる事になるのではないでしょうか?
本来であれば、何故コロナが発生してしまったのか?どこからどのように広がってしまったのか?を徹底的に調べ、二度とこのような事態にならないように反省をし、改善する事が大切ですが、今のような利益追求型の世界では、自分に不利益になる事は隠蔽し、利益に繋がる事ばかりアピールする国や企業ばかりですので難しいのでしょうね。
私はそのような利益中心の世界に生きている人達は嫌いで、逆に苦労しながら素朴に生活してる人達の方が好きなので、そのような金儲けの上手い男達から上手に金を巻き上げて、セレブでもないのにセレブのような顔をして生活してる女より、風俗で働きながらでも必死に生きている女の子の方がよっぽど好きです。逆に言えばこんな考え方だから私は金持ちにはなれないのかもですね。
確かにそう言う似非セレブの女性達は美容やファッションや整形にお金かけてますので、見た目も綺麗な女性も多いのですが、男の基準がその男の人間性ではなく、いかに金持ってるかで判断するような女が多いので、そんな女達に囲まれて生きるより、素朴に生きてる風俗の子と楽しく遊んでる方がよっぽど幸せを感じます。
使いきれないくらいのお金を稼いで、タワーマンションに住み、いい車を買って、高級なレストランで食事をして、その男の魅力ではなくそんな生活の魅力のために付いてくる女を連れて、それを自慢のようにブログやインスタに上げる・・・

こんな奴等にだけ感染するウイルスを誰か開発してくれませんかね?(笑)

<新しい自転車専用道路>

最近、大きい道路とかで、歩道のガードレールの外にブルーで塗られた2メートル幅くらいの自転車専用道路を作って、その外側に300円のパーキングがあって、それから3車線の車用の車線がある道があります。300円のパーキングが視界の邪魔になり、その間から自転車や人が飛び出してくるのでは?とヒヤヒヤしながら走っています。
ところが、特に朝の通勤時とかは半分くらいの自転車がその専用道路を使わずに、車の車線を未だに走っているので、見辛くなった上に隙間から自転車が出て来たり、以前にも増して危険が高まったとしか考えられません。
こんなにお金をかけて改良して、以前よりも危険を感じる道路を作るって何なんでしょう?
自転車で通勤してる友人に何故自転車専用道路を走らないのか聞いた所、専用道路は遅い自転車がいるとなかなか抜けないので走り辛いからとの事でした。そんな人間の心理も分からずに高いお金をかけて工事して、以前よりも危険な道路を作ってるのは誰なんですか?責任者出てこい!って感じです。
日本の法律はどうも弱い者を守ると言う大原則があるようです。
車より自転車、自転車より人…それはとてもいい事だとは思いますが、車より弱い立場の自転車を守るために高いお金をかけて作った道路なら、それを守らない自転車を取り締まるために警察がちゃんと見張るくらいの事をすべきではないでしょうか?たまにテレビとかで「やってるよ!」アピールのためか、自転車を取り締まっている報道がありますが、実際にはそんな違反してる自転車の横に警察官がいても注意すらしないのが現状です。
風俗や麻薬の取締りもまるで見せしめのようなやり方が多いですが、道交法も見せしめが多いですよね。
警察の皆様、一般庶民はもう見せしめを見抜いてますよ。やるなら徹底的やると言う姿勢になったら、その法律や改良とかが本当に必要なのか?を事前に慎重に考えるようになるのではないですか?

実態や庶民の心情も分からない人が法律を作り、それに従わない人を取り締まる警察が見せしめしかしないようではいつになっても日本はまともな国になりそうにないですよね。

<新地って知ってますか?>

関東の人には馴染みが少ないかもですが、大阪や兵庫には○○新地と言って昔の遊郭の名残りの風俗街がいろいろとありました。一応は飲食店として営業しているのですが、店の入口はオープンになっていて、そこに女性が座っていて、その横におばさんがいてそのおばさんと交渉して20〜30分で8000〜12000円くらいの料金を払って2階に上がり、そこでプレーすると言ういわゆる「ちょんの間」と言われる店です。

昔は神奈川にもこの手の店が存在しましたが、全て潰されて現在は関西にほんの数か所残るだけです。
その中の一つである尼崎の「かんなみ新地」が2021年11月1日に、尼崎市と尼崎南署から風営法に基づき営業中止を警告され、23日までに「かんなみ新地組合」が解散し、崩壊したとの事です。
この新地では大阪の「飛田新地」が有名ですが、飛田もいつまで続ける事が出来るのか?心配になりますね。
行かれた事のない人には分からないかもですが、特にこの飛田新地はこの界隈全体の雰囲気も独特で素晴らしいレトロな雰囲気で、風俗好きであれば一度は行って歴史を肌で感じておかないとならないくらい貴重な物です。

いつまで続いてくれるか分からないので、行った事のない人は是非早めに行ってみてください。